知ってるようで知らない七夕の由来と行事

七夕の行事は、どういうのが有るんだろう。

七夕の由来を聞かれたけど簡単にしか答えられなかった。

なので、物語や由来、行事などについて紐解いていきたいと思います。

 ①七夕の由来

1-1.日本と中国の七夕伝説

日本の七夕伝説

昔々、天の川のそばに織姫という、とても美しい着物を折る働き者の娘がいました。

天の神様は、年頃になった娘に婿を取らせることに。

そして、天の神様は方々探し回り天の牛飼いの働き者の青年、彦星を見つけました。

そうして出会った二人は、一目で恋に落ち結婚することになった。

結婚して二人で暮らすことになった織姫と彦星は幸せいっぱい。

しかし、二人でいる事が楽しくて、仕事が手に付かなくなり、遊んでばかりいる様になりました。

そのせいで、織姫の機織り機は誇りをかぶり神様たちの着物がボロボロになって行きました。

彦星が世話をしている牛たちも病気になり、天の神様がついに怒ってしまったのです。

そして、織姫と彦星は天の川の西(織姫)と東(彦星)に引き離されてしまいました。

彦星と引き離された織姫は、悲しみのあまり毎日泣いて。

それを見かねた天の神様は一年に一度、七月七日の夜だけ、織姫と彦星を逢わせてあげる事にしました。

それから二人は7月7日の夜を楽しみに仕事にはげむ様になり。

二人は待ちに待った7月7日の夜に天の川を渡って再会する事が出来ます。

中国の七夕伝説

中国の七夕伝説は色々あるそうです。

昔々、雲や夜景を織る天女がいました。

毎日、同じ作業をしていて退屈になってしまい、天女がこっそり人間の世界に降りて行きました。

そこで、牛を飼っている青年と出会い恋に落ちました。

ですが、天女は人間と生活することが許されていません。

恋をした事を知った天女の父が、天女を無理やり連れて帰ってしまいました。

天女は恋人と引き離され毎日悲しんでいました。

天女の父は、天女が可哀そうなので7月7日だけ2人が逢えるように、地上と天をつなぐ鳥たちが作った橋の上で逢う事を許しました。

このことから中国では、七夕は(恋人の日)とされているそうです。

参考にした動画

https://www.youtube.com/watch?v=FE3m5oVBTIQ

1-2.どうして七夕と呼ばれるようになったのか?

棚機津女

そもそも七夕とは、お盆行事の一環でもあり、先祖の霊を迎えるための棚(精霊棚)に安置する幡を拵える日、その行為を7日の夕方に行っていたため、棚幡がいつしか七夕に転じたと言われています。

日本の七夕は奈良時代に中国から伝わり、元々日本にあった棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた。

乞巧奠

中国から日本に伝わり、宮中や貴族の家で行われました。

宮中では 清涼殿(せいりょうでん)の庭に祭壇を設け、野菜や果物などを供え、 牽牛と織女を祝う祭りでした。

江戸時代には手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がった。

中国では旧暦の7月7日に、 牽牛と織女に対して 針や布などの道具を供え、手芸上達を願います。

梁代の殷芸(いんうん)

「天の河の東に織女有り、天帝の女なり。年々に機を動かす労役につき、雲錦の天衣を織り、容貌を整える暇なし。天帝その独居を憐れみて、河西の牽牛郎に嫁すことを許す。嫁してのち機織りを廃すれば、天帝怒りて、河東に帰る命をくだし、一年一度会うことを許す」

という一説があり、最も日本の七夕伝説と、ほぼ同じ形の最も古い資料だそうです。

参考にした記事

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%A4%95

七夕ってどんな行事なの?

  願い事

もともとは、 織姫の機織にちなんで裁縫や習字などの上達を願うお祭だそうで、平安時代や鎌倉時代では、7枚の梶(カジ)の葉に歌を書いていたそうです。

一般的には短冊に願い事を書き笹に飾り、(家族や自分の健康)(お金に関する事や)(勉強)等それぞれの思いをお祈りしている事と思います。

短冊などを笹に飾る風習は 、以外だど思いますが、日本のだけの風習みたいです。

七夕の別名

七夕は(たなばた)または(しちせき)といい、五節句の一つで星祭ともいいます。

五節句

七草の節句七草粥を食べて豊作と、無病息災を願う日。        1月7日

桃の節句 お雛祭りの日で、女の子の誕生と成長を祝う日。      3月3日

端午の節句こどもの日で、男の子の誕生と成長を祝う日。       5月5日

      (またの名を菖蒲の節句と言い、菖蒲のような香りの高い草には

      邪気を祓う力があると信じられていたからだそうです。

笹の節句 七夕の日で短冊に願いを込めて笹に飾ると、

      願いが叶うと言われている日です。            7月7日

菊の節句 宮中や寺院では、菊を鑑賞する行事が行われているそうです。9月9日

年に一度の七夕、家族みんなで夜空に願いを寄せてみてはいかがでしょうか。

行事食

七夕にはそうめんを食べます。

これは、そうめんを機織りで使う糸に見立てて食べるようになったそう。

そうめんも、、色とりどりありますね。

そうめんを川に見立てて、お野菜や錦糸卵などで色とりどりに盛り付けると、涼し気があり華やかで楽しい気分になります。

奈良時代に索餅が中国から伝わり、昔は七夕に食べられていました。

中国では、厄除けとしてお供えされ、食べられていたと言い伝えがある。

索餅は、小麦粉や米粉を練って、長く伸ばし捻じって縄の様にした物を、油で揚げた食べ物です。

 まとめ  

もうすぐ七夕の季節になりますね、今から楽しみです^^

新暦の7月7日の七夕は梅雨の季節で、星空が見えないことも多いので、

旧暦の7月7日の8月25日に夜空を見上げて、七夕を祝ってみるのも素敵かもしれませんね。

最後まで読んで頂き有難うございました。

Posted by kazuhiro