お盆と七夕の関連は? 盆踊りと七夕踊りとは?

「七夕」と「お盆」って関係あるの?七夕踊りって何?お盆との関係は?
「七夕」と「お盆」は関連していると言う話を聞いて、気になったので調べてみました。
どちらも、死者の霊を供養する為の行事だったみたいです。
私は知らなかったのですが、七夕踊りも現代に残っているみたいですね。

お盆の成り立ち

盂蘭盆って何?

盂蘭盆会(うらぼんえ)盂蘭盆(うらぼん)は、サンスクリット語で「ウランバナ」旧暦の7月13日~16日に行なう仏教行事の事で(逆さ吊り)という意味だそう。

目連救母の盂蘭盆経に目連尊者が神通力で亡くなった母が餓鬼道に堕ちて苦しんでいる事を知り、お釈迦様に事情を話し、教えに従い旧暦の7月15日に言われた通り盂蘭盆中に僧たちに布施を行い、祈願してもらうと、餓鬼の苦しみから離れ、母は救われた。

こんな感じの話です。

この「盂蘭盆会」を「お盆」とよんで、この時に祖霊に供物を捧げる習俗が、現代に伝わったそう。

盆とは?

盆とは供物を置く容器の事で供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。

施餓鬼会(せがきえ)は日本では、盂蘭盆会に行われることが多く、お盆には先祖の霊だけではなく、いろいろな霊が帰ってくるので精霊棚を儲けて供養した。

精霊棚に飾る施餓鬼幡(せがきばた)は、中国の五行説に由来しているらしいです。

五行説とは ?

・金・の5つの元素からなるという説で、

火は赤で夏の象徴」「水は黒(紫)で冬の象徴」「木は青(緑)で春の象徴」金は白で秋の象徴」「土は黄で季節の変わり目」を表します。

お盆と七夕って関係あるの?

七夕は「棚幡」(たなばた)とも書きます。
精霊棚に飾り付けられる施餓鬼幡、棚と幡で棚幡となり七夕と関連付けて解釈したとか、精霊棚と幡を安置するのが7日の夕方なので七夕となった、という考え方もあるそうです。

元々は旧暦の7月15日に行なわれていたお盆、日本では、明治6年に新暦が採用され、新暦の7月15日に盆を行う事になりました。
ですが、7月15日は地域によって農繁期に重なり、行事を行えなかったため新暦8月15日が、お盆(月遅れ盆)の地域の方が多いそうです。

平安・室町時代

平安時代に空也上人がヒョウタンや鉢、鉦を叩きながら始めた踊念仏が鎌倉時代(弘安2年)一遍上人によって市中に広められ、室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになり、現在は霊を供養するための行事内で行われる盆踊りになったらしい。

江戸時代

菅江真澄は『伊那の中路』のなかで、「天明3(1783)年に信州洗馬(長野県松本市洗馬)から須走に至るまでを記載する。」と書いてあり、

その中に、(44ページと45ページ

秋風やや吹いて、今日は文月の7日にぞなりぬ。(旧暦の7月7日)

省略

身の化粧清らに装ひ立ちて、
女のわらはあまた群れつどひ、
ささら摺りもて歌ひこち、
今宵や星をいさめ奉るならん。

と、

七夕の夜の盆唄のさま。
詞書「たなばたに法樂にや。大輪にござれまろ輪にござれと歌ひ、祝椏すりうたふ。盆踊も是にひちしきといふ。

と書いてあり、

美しく装った少女たちが,ささらをすって歌をうたいながら踊っているのがわかります。

そして、51ページ52ページに、

十三日。暮れなんころほひ、女の童七日の夕にひとしう装い立ち、
「大輪にござれ、丸輪にござれ、十五夜さんまの輪の如くとうたひ、
ささら摺り群れありく。手毎にまつ持出で門火たく。はた五尺ばかりの竹やうれに、
松明もやしたる煙、むらむらと立ち結びあひて空くらし。
家に入り魂祭するあか棚に向へば、世に亡き母弟の俤も知らぬ國まで立添ひたまふやと、
すずろに涙堕ちて水影草をとりて詠めたり。

と書いてあり、

13日(お盆)にも七夕と同じ装いで、少女達が輪になって踊った様子が書かれています。

江戸時代では京都で少女達が小町踊りを七夕に踊っていたみたいです。

現代でも、お盆の時期に祇園祭などで踊っているみたいです。

参考資料
Wikipedia
伊那の中路
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1170306

ここまで読んで下さり有難うございます。

Posted by kazuhiro