食生活や生活習慣を改善し便秘を改善しよう

食材に含まれる水分、酵素、ビタミンを多く含んだ状態で摂取でき、塩分も抑えられるので、
便秘の際には、生で食べれれる食材を積極的に取るようにしましょう。
そのさい、冷水や生物ばかりだと、お腹が冷えるので温かい物もバランスよく取りましょう。

不規則な食生活

朝食を取ると、排便を促すきっかけになるので、
毎朝、朝食を取る習慣を付けましょう。
仕事が忙しく、朝が早かったり、
夜遅くまで働いていたりで、食事を抜いたり、
時間がマチマチだったりすると、
体のリズムが乱れて、腸の働きも悪くなり、
便秘の原因になります。
偏食などで、水分や食物繊維が不足したり、
過度なダイエットをすると、便秘の原因になります。

水分をしっかりとる

トイレに行きたくなるなどの理由で水分を取らないと、
体の水分が不足し、腸で水分が吸収されるので便が硬く
なります。水分は便を柔らかくするので、
こまめに取るようにしましょう。
水分は1日2ℓ取ると良いそうです、
汁物や、食材にも水分は含まれる水分も含めてなので、
1ℓの水を、こまめに取るようにしましょう。

食物繊維を取ろう

食物繊維には、水溶性(水に溶ける)と
不溶性(水に溶けない)があります。
水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌を増やし
便を柔らかくします。
便が硬い方は、水溶性の食物繊維を取ると良いでしょう。
海藻類、果物、芋類などに含まれます。

不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨らみ、
腸の内容物を押し出す働きを助けます。
穀類、野菜、豆類、キノコ類、果実、海藻などに含まれています。
下痢になりやすい方は不溶性食物繊維を取ると良いでしょう。

発酵食品で腸内環境を整える

発酵食品は、乳酸菌の働きで、
腸内の悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やします。
ビフィズス菌とオリゴ糖を一緒に摂取すると、
オリゴ糖がビフィズス菌の餌となり腸内で増え、
腸内環境を整えてくれます。

ストレス

ストレスが掛かると、自律神経が上手く働かなくなり、
正常に腸のぜん動運動が起こらなくなり、便秘の原因になります。
無理なダイエットも食物繊維や水分、ビタミンなどが不足して便の笠が減り、
硬くなるので、便秘の原因になります。
家の中に居ても、楽しみを見つけてストレスを溜め込まない様に工夫して行きましょう。

体を動かそう

運動不足も便秘の原因になります。
腹筋をしたり、体をねじったり、するだけでもいいと思います。
腹筋も、腹筋を鍛える事が目的では無いので、膝を曲げて少し体を起こす程度で良いと思います。

まとめ

便秘になると、ニキビや吹き出物などのトラブルや、お腹が張って苦しかったりして、大変です。
生活習慣や食生活、運動など気おつけましょう。
ここまで読んで下さり有難うございます。

Posted by kazuhiro