活性酸素から体を守る酵素の力

私たちは、呼吸により体に酸素を取り込み、エネルギーを作りだしています。

酸素を使うと、同時に活性酸素が生れ、この活性酸素が体の細胞を傷つけ、様々な生活習慣病の原因になります。

活性酸素は、ストレス、タバコ、激しい運動、多量飲酒、紫外線など、いろいろな要因があり、それらを全て排除して生活することは出来ないので、体内で増えた活性酸素を除去していくことが重要です。

活性酸素とは?

活性酸素を減らすことで、老化や、がんのような生活習慣病の予防になります。

活性酸素による酸化を抑え、体を守ることを抗酸化作用と言います。

釘などの金属も酸化で錆び付いて行きます、それと同じことが細胞でも起こっているのです。

なので細胞を錆び付かせないよう、酸化を抑えることが大切です。

活性酸素は体内の酵素や抗酸化物質によって分解されます。

年齢とともに体の抗酸化の働きが衰えて行くので、処理しきれない活性酸素が体に溜まります。

活性酸素は、一般的にスーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素の事をいいます。

この中で最も体に影響をあたえるのはヒドロキシルラジカルによるものとされています。

活性酸素を無害化する

自分で分解しきれない活性酸素は癌や生活習慣病、老化等の原因になると言われています。

そこで活性酸素を除去する働きをするのが酵素です。

カタラーゼやスーパーオキシドディスムターゼ、ペルオキシダーゼなどが、活性酸素を無害化する抗酸化酵素です。

多くの酵素は体内で作り出されます。

カタラーゼは、レバー、内臓ごと食べられる貝類や小魚に含まれます。

唾液にはカタラーゼとアミラーゼが含まれていて、これらは活性酸素の毒性を抑え私達の体を守ってくれます。

スーパーオキシドディスムターゼは、もともと人が持っている酵素で、過剰な活性酸素を除去してくれます。しかしこれは加齢により減少します。

ペルオキシダーゼは多くの植物組織に含まれるそうです。

セイヨウワサビや牛乳から抽出されるそうです。

食品の中に含まれる抗酸化物質

ビタミンCアスコルビン酸果物、野菜
ビタミンEトコフェロール、トコトリエノール植物油
ポリフェノールレスベラトロール、フラボノイド茶、コーヒー、豆、果物
シナモン、オレガノ、赤ワイン
オリーブオイル、チョコレート、
カロテノイドリコペン、カロテン、ルテイン果物、野菜、卵

ポリフェノールは、酸化されやすく、高い抗酸化性があり安定している。

野菜に含まれる数種のカロテノイド類のように抗酸化物質の生物学的利用能を増加させることもできるため調理や加工による影響は複雑である。

一般的には、加工する時に酸素に触れるため加工食品は、抗酸化物質が少ないと言われています。

カロテノイド類
α-カロテン、β-カロテン、β-クリプトキサンチン、ルテイン、
ゼアキサンチン、およびリコピン

生物学的利用能
食品を摂取したさい、抗酸化物質などの栄養が全身に行きわたる割合

最後に

タバコ(喫煙)には、ニコチン・タール・一酸化炭素など、多くの発癌性物質
が含まれる、それらの有害物質を攻撃するために多くの活性酸素が使われます、
そのため、活性酸素を無害化するために、ビタミンC等のビタミン類が多く
失われることになります。
タバコを吸わなくても、タバコの匂いがしたら受動喫煙の被害にあっています。
職場や現場、外を歩いていてもタバコの匂いはするので、安心できません。
しっかり、対策していきたいですね。

Posted by kazuhiro